blog index

三郷市障がい福祉相談支援センター

三郷市より委託を受けた障がい福祉の総合的相談窓口です。
当センターでは、相談支援員(精神保健福祉士、社会福祉士)が、障がいのある方やご家族、介護者等の方々からの日常生活、就労等、様々な悩みや不安の相談に応じ、各種福祉サービスの紹介や利用方法、生活プランの作成や権利擁護の為に必要な援助、情報提供等を行います。
<< チャリティーコンサートのお知らせ。 | main | 第11回 パティオ講演会 >>
映画…『ぼくと魔法の言葉たち』

2017年アカデミー賞

長編ドキュメンタリー映画賞最有力!!

 

世界中の映画祭で笑顔と涙の大喝采!

ディズニー・アニメーションを通じて、奇跡を起こした家族の記録

 

ぼくと魔法の言葉たち

愛する息子オーウェンは2歳の時に突然、言葉を失ってしまった…。

それでも❝信じる❞ことを諦めなかった家族は、

やがて大きな奇跡を起こす。

サンダス映画祭で鳴り止まない大喝采を浴びた、

愛と希望のハートフル・ドキュメンタリー

自閉症により2歳で言葉を失い、孤独な世界に閉じ込められた少年オーウェン。本作は、彼が家族の愛情とサポートのもと、大好きなディズニー・アニメーションを通じて徐々に言葉を取り戻していった様子と、障害を抱えながらも底抜けに明るく、前向きに社会と向き合い、自立を勝ち取るまでの姿をユーモアたっぷりに、そして感動の涙とともに描く傑作ドキュメンタリーだ。

メガホンを取ったのは、アフリカ系アメリカ人監督として、初めてオスカーを受賞した経歴を持つロジャー・ロス・ウィリアムズ。

劇中には映画に感動したディズニー社から異例の使用許諾を受け、ディズニー・アニメーションの名作たちが数多く登場している。

『リトル・マーメイド』『ライオン・キング』『ピーターパン』…

ディズニー・アニメーションのキャラクター達が橋渡しとなって、

少年と家族は再び、絆を取り戻す!

サスカインド毛の次男オーウェンは、2歳から言葉を失い、6歳まで誰ともコミュニケーションを取れなくなってしまっていた。失意に暮れながら過ごす父と母は、ある日、オーウェンが発する意味をなさないモゴモゴとした言葉が、彼が毎日擦り切れるほど観ていたディズニー・アニメーション『リトルマーメイド』に登場するセリフであることに気づいた。意を決した父が、オーウェンが大好きなディズニーキャラクターのオウムの❝イアーゴ❞になりきって語りかけると、まるで魔法のように、オーウェンが言葉を返した!数年ぶりの息子の言葉にこみ上げる涙をこらえながら、イアーゴとして会話を続ける父。こうして、父と母、そして兄による、ディズニー・アニメーションを通じた「オーウェンを取り戻す」ための作戦が始まった!

 

 

シネスイッチ銀座(銀座4丁目 和光ウラ通り)にて 

☎03-3561-0707

ぼくと魔法の言葉たち

4/8(土)から 愛と希望のロードショー!

 

 

※障がい者手帳をお持ちの方は、チケットを購入の際に提示していただくと、ご本人と付き添いの方まで¥1000で映画を見ることができます。

 

ぜひ、観に行ってみてください〜。

 

 

 

記:小川

 

 

 

 

| soudan-patio | - | 11:12 | - | - |


三郷市三郷2丁目3番地1
(有料老人ホーム未来倶楽部1階)
 地図
電話 048(949)2210
開所時間 9:30〜17:00
月〜金(祝日・年末年始は除きます)

3障害に対応致します。
来所、電話等によってご相談に応じます。
ご相談者の機密は厳守致します。
一人で悩まず、お気軽にご相談下さい。
ご相談は無料です。

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
link
  • 地域活動支援センター

  • bolg index このページの先頭へ